モデルを追加

<< Click to Display Table of Contents >>

Navigation:  基本 >

モデルを追加

Previous pageReturn to chapter overviewNext page

モデルを追加

Solibri Model Checkerでは、いくつかのIFCファイルを1つのモデルに取り込むことができます。これによって、様々な設計が組み合わさる様子を可視化し、分野間の共通チェックを実行できます。現在サポートされている最も適切な分野間共通チェックは、意匠コンポーネントと構造コンポーネントの干渉部分と適合性に関する確認です。SMCには、分野間共通チェック用に調整され、事前設定された1組のルールセットが付属しています。

意匠モデル

通常、設計プロセスは、意匠設計から始まります。他の分野を統合する前に意匠モデルに関して基本的な確認を行なう必要があります。

意匠モデルと構造モデルの組み合わせ

意匠モデルと構造モデルの組み合わせには通常、重なっているコンポーネントが含まれます。これは、同様のコンポーネントが同様の場所に配置されているためです。
 

モデルを追加...

 
「ファイル」レイアウトタブ>「モデルを追加」の順に選択して、IFCファイルから意匠モデルを開きます。SMCは、選択されたIFCファイルを既存モデルに統合します。

5つのモデルを開き、形状を更新したら、モデルツリービューで、統合したすべてのモデルを見ることができます。

 

ModelAfterBeingMerged

 

次は、それらのモデルが同じ場所にあるかどうか視覚的に確認できます。同じ場所にない場合は、元の各モデルで位置を修正するか、またはモデルを移動できます。モデルに遠くのコンポーネントが含まれる場合は、SMCによってモデルの位置ダイアログが開き、状況を識別することができます。コンポーネントが同じ場所にあるため、3Dビューは少し奇妙に見えることがあります。
 

ModelAfterBeingMerged_3DVIEW

 

 

設備モデルを意匠モデルに追加

設備コンポーネントの位置は、重要度の高い案件の1つになることがよくあります。設備コンポーネントは確保された領域内で経路指定される必要があり、互いに干渉したり構造要素と干渉したりしてはならず、それらのコンポーネントに十分なスペースが確保されている必要があります。

配管、換気、空調などの設備モデルは、意匠モデルに統合します。必要に応じて、モデルを移動します。

 

image154
 

電気モデル

電気モデルも統合したモデルに追加できます。ケーブルキャリアと大型換気パイプが干渉している場合が多数あります。すべてのコンポーネントに十分な余地があるか目視で確認したり、一般干渉ルールを使用して様々な分野におけるコンポーネントの干渉を確認できます。

 

image155
 


先頭に戻る サポートに問い合わせ