3Dビュー

<< Click to Display Table of Contents >>

Navigation:  ビュー >

3Dビュー

Previous pageReturn to chapter overviewNext page

3D_View_Icon 3Dビュー

Solibri Model Checkerは、BIMモデルのパワフルな3Dビューを提供します。この3Dビューにより、建造物の検討や、特定コンポーネントの検索が容易になります。3Dビューは確認結果と統合されているため、結果を直接3Dビューに表示できます。また、情報の取り出しとも統合されているため、情報の取り出しテーブルの選択された行だけが3Dビューに表示されます。

 

3D_View
 

建造物は任意の方向と距離から表示でき、ウォークスルー機能を使用して検討できます。また、選択バスケット切断を使用して建造物の一部だけを表示することも可能です。

3Dビューには、以下の機能があります。
 

3D_View_Functions

 

1 元に戻す、やり直す

2 ナビゲーションモード

3 コンポーネントツール

4 表示設定コマンド

5 拡大コマンド

6 カメラ投射を変更:全体/直交

7 ナビゲーションマップを表示/非表示

8 フットプリントを表示/非表示

9 スペース情報を表示/非表示

10 グリッドを表示/非表示

11 コンポーネントのフットプリントを表示/非表示

12 グリッドを表示/非表示

13 フットプリントレベルをロック/ロック解除

14 フットプリントの上限を調整

15 フットプリントの下限を調整

16 ナビゲーションマップ

 

3Dビューには、以下のツールバーコマンドがあります。

 

 

3Dポップアップメニューコマンド

3Dビューには、以下のコマンドがあります。これらのコマンドは、ビュー領域で右マウスボタンをクリックすると表示されます。
 

3D_View_Popup_Menu
 

3Dポップアップメニューコマンドの詳細は、ここを参照してください。

 
 


 

面積の選択

3Dビューを表示中にコンポーネントを選択、非表示、透明にするには、Solibri Model Checkerの面積の選択機能も使用できます。面積の選択機能を使用すると、モデルの複数のコンポーネントを一度で選択できます。面積の選択を有効にするには、左マウスボタンをクリックして2秒ほど押したままにします。マウスのカーソルが面積の選択モードに変わったら、選択する必要があるコンポーネントの上にドラッグ&ドロップします。面積の選択には、窓の選択交差の選択の2種類のモードがあります。この2種類について説明します。

 
 

      窓の選択シナリオ:

  1. 左マウスボタンを2秒間押し続けると、カーソルが面積の選択カーソルに変わります。これを開始ポイントとします。
  2. カーソルを開始ポイントの右方向にドラッグすると、カーソルによって「選択 – 窓」とラベル付けされた青い四角形の面積が描かれます。描かれた四角形に囲まれたコンポーネントを選択することになります。
     

 
B_drag
 
 

  1. 左マウスボタンを放すと、選択したコンポーネントが表示されます。下の図では、選択したコンポーネントが青色で表示されています。
     
     
     
    C_select

 

交差の選択シナリオ:

A. 左マウスボタンを2秒間押し続けると、カーソルが面積の選択カーソルに変わります。これを開始ポイントとします。

B. カーソルを開始ポイントの左方向にドラッグすると、カーソルによって「選択 – 交差」とラベル付けされた青い四角形の面積が描かれます。描かれた四角形に囲まれ交差するコンポーネントを選択することになります。
 
 
Crossing_B_drag

 
C. 左マウスボタンを放すと、選択したコンポーネントが表示されます。下の図では、選択したコンポーネントが青色で表示されています。
 
 
Crossing_C_select
 
 

上記のシナリオは選択モードを使用して説明されていることに注意してください。必要なモードを選択し、上記のシナリオの方法に従うことでコンポーネントを非表示にしたり透明にすることができます。「選択」「非表示」「透明化」が、面積の選択に適切な関連するモードです。

 


先頭に戻る サポートに問い合わせ