To-Doタスクリスト

<< Click to Display Table of Contents >>

Navigation:  共通機能 >

To-Doタスクリスト

Previous pageReturn to chapter overviewNext page

 

To-Doタスクリスト
 

ルールセットを確認する前に、完了する必要があるタスクのリストを表示します。すべてのタスクは完了すると、つまりモデルの確認に必要な要件を満たすと、タスク名に取り消し線が引かれます。
 

To_Do_TaskList

 


 
完了していないタスクがあるルールやITOが開くと、To-Doタスクリストが自動的に表示されます。タスクには以下のように多数の種類があります。

 

ModelTree_View_Icon モデルタスク
 
「モデルタスク」は、「プレハブコンクリートモデルを開く」のように特定の分野のモデルを開くよう通知し、ユーザは「プレハブコンクリート」など、少なくとも1つの分野のモデルを開くよう求められます。「プレハブコンクリートモデルを開く」タスクをクリックすると「分野ウィザード」が開き、「プレハブコンクリートモデルを開く」ようユーザは求められ、3つのボタン「モデルのインポート」、「分野の変更」、「キャンセル」が表示されます。

 
add_models モデルのインポート
 
このボタンを押すとファイル選択ダイアログが開き、ユーザはモデルを選択して現在のモデルでそれを開くことができます。モデルに1つ以上の「意匠モデル」分野があれば、タスクは完了済みとしてマークされます。

 
分野の変更

'分野の変更このボタンを押すと「モデルの分野を確認」 ダイアログが開き、分野を変更できます。たとえば以下に示すように「構造」から「意匠」へと変更することができます。

 

ModelTask_ChnageDisciplines
 
 

モデルの分野が希望する分野に変更されると(この例では「構造」から「意匠」へ変更されると)、「意匠モデルを開く」タスクは完了済みとしてマークされ、「完了したタスクを表示」ボタンを押したときのみ表示されるようになります。
 


 

ClassificationTaskIcon 分類タスク
 
「分類タスク」を押すと「『建造物の要素 - Uniformat』分類の実行」などの分類に関連するタスクが表示されます。

 
このタスクをクリックするとダイアログが開いて、ユーザは未分類のコンポーネントの分類を行うよう求められ、「分類の設定を開く」ボタンを押すと特定の分類(この例では「建造物の要素 - Uniformat」分類が開きます。
 
Classification_Tasks_OpenClassificationSettings

 

 

 
未定義のコンポーネントを分類すると、「To-Doリスト」のタスク(「建造物の要素 - Uniformat」分類)には取り消し線が引かれ、「完了したタスクを表示」ボタンを押したときのみ表示されるようになります。また、ルールのフィルタパラメータで参照される分類もTo-Doリストの分類タスクに追加されます。これは、フィルタパラメータでフィルタ状態が「含む」または「除外」である場合に限って発生します。フィルタ状態が「無視」である場合、分類のタスクは追加されません。

 

 

Classification_Task_Refers_Missing_Task

 


 

ImportExcelDataImportTask_Icon 「Excelデータを取り込む」タスク

たとえば「Excelデータを取り込むタスク」「『承認するプロパティ値』をExcelから取り込む」タスクをクリックすると、その詳細について説明するダイアログが表示されます。このダイアログには「Excelワークシートを取り込む」 ボタンがあり、これを使用してファイル選択ダイアログ を開くと、Excelファイルを選択して「構造形式と承認リストの整合性」ルールのパラメータ値をインポートできます。これはこのタスクがこのルールに属するためです。このタスクは完了になるため、取り消し線が引かれます。

完了済みのタスクをクリックすると以下のダイアログが開いて、ユーザは取り込んだデータへのリンクを更新するか削除するか、あるいはリンクを編集するか尋ねられます。
 

ExcelDataAlreadyImported
 

「更新」ボタン(Refresh_Icon)をクリックすると、テーブルが更新されて別のダイアログが開きます。

「リンクの取り消し」ボタンCancel_Link_Icon)をクリックすると、Excelデータを使用するルールからExcelデータへのリンクが削除されます。

 


 
スペースのグループ化タスク
 

「スペースのグループ化タスク」は「分類タスク」と似ています。ダイアログが開いて、「スペースのグループ化の実行」、つまり関連するスペースを「スペースグループ」として分類するよう求められます。

 
スペースグループの設定を表示

「スペースグループの設定を表示」ボタンを使用すると分類の設定ダイアログが開き、「スペースのグループ化」 分類を行えます。
 
 

 

ShowSpaceGroupSettings

 

 

分類が完了すると、「スペースのグループ化タスク」には取り消し線が引かれます。

 

スペースのグループ化ビューの表示

「スペースのグループ化ビューの表示」ボタンを押すと、名前のとおりスペースのグループ化ビューが開きます。
 

 
SpaceGrouping

 


 
Compartmentation_View_Icon 区画化タスク

「区画化タスク」は区画でルールを確認する必要があるときに表示されます。「建物外面を定義」(この例の場合)などの区画化タスクをクリックすると、区画化タスクダイアログが開きます。

 

 
建物外面を定義

「建物外面を定義」ボタン を押すと、区画化ビュー「区画化ウィザード」が開きます。「区画化ウィザード」には建物外面、総面積、防火区画、安全区画を定義するためのオプションがあります。建物外面の定義を行った後、定義は区画化ビューに表示され、区画化タスクには取り消し線が引かれます。

 

CompartmentationTasks_Process

 
「OK」を押すと、区画化ビューに建物外面が入力され、区画化タスクは完了済みとしてマークされます。

 


 
ルールセットのタスク

 
「ルールセットのタスク」は主として、選択した条件設定にデフォルトで付随するルールセットに関連するタスクを示します。
 

「『BIMの検証 - 意匠』の結果を確認し検討」などのルールセットのタスクをクリックした場合、以下のようにルールセットウィザードダイアログが開きます。このダイアログには「モデルを確認」「キャンセル」の2つのボタンがあります。
 
 
RulesetTasks_RulesetWizard

 


 

CheckingView_Icon Enumeration型ユーザ入力タスク

 

このタスクは「ユーザ入力タスクの追加」に関連しています。これを使用すると、モデルに関する不足情報を指定できます。情報はモデルの目的、位置、建設会社などについて指定できます。

 

EnumerationUserInputTask

 

このTo-Doタスクをクリックすると、ユーザ入力タスクの追加ダイアログで設定したオプションを選択できるダイアログが開きます。コンボボックスから値を選択すると、このタスクは完了済みとしてマークされます。

 

UserInputTaskWizard
 


 
CheckModel_Icon モデルを確認

未完了のタスクがあるときに「モデルを確認」ボタンを押すと、モデルを確認する前にすべてのタスクを完了するよう勧める別のダイアログが開きます。このダイアログには「現状のまま確認」というボタンがあります。

 

TasksIncomplete
 

 

 

CheckModel_Icon 現状のまま確認

続行するには「現状のまま確認」ボタンを押すと、「To-Doリスト」にある未完了のタスクを無視してモデルの確認が行われます。
 


 
先頭に戻る サポートに問い合わせ