情報ビュー

<< Click to Display Table of Contents >>

Navigation:  Ruleset Manager > Ruleset Manager > Ruleset Managerビュー >

情報ビュー

Previous pageReturn to chapter overviewNext page

Info_View_Icon 情報ビュー

 
Ruleset Managerの情報ビューには、最後に選択したルールセットまたはルールに関する情報が表示されます。このビューの内容は、選択した項目によって決まります。
ビュー内の情報は、選択がワークスペースビューで行われた場合のみ編集できます。

 

 

RSM_InfoView
 

情報ビューは、最後の選択のプロパティを含みます。ルールセットまたはルールが選択されていると、選択に関する以下の情報が情報ビューに表示されます。

次のルールセットまたはルール情報は、情報ビューで変更できます:ロックの状態(ルールセットの場合のみ)、名前説明作成者バージョン変更日付ファイルレポートテンプレート

 

 

ロック

ロックは、エンドユーザによるルールのパラメータの変更機能を制御する機能です。ロックはルートのルールセットにのみ適用可能で、ルールには適用できません。つまり、ルールセットをロックすると、そのルールセット内のすべてのルールがロックされます。

 

 

名前

ルールセットまたはルールの有意な名前

 

 

説明

ルールまたはルールセットが確認する対象に関する説明

 

 

作成者

ルールセットの作成者(この場合はSolibri)

 

 

バージョン

ルールのバージョン番号

 

 

日付

ルールまたはルールセットの変更日付

 

 

ファイル

ルールセットの絶対パス

 

 

レポートテンプレート

テンプレートフォーム
 

 
動的なルールセットの設定

 
 
指定された状況にルールセットの一部のルールのみが適用可能な場合があります。たとえば、ルールによっては居住用建造物にのみ適用できるものや、商用建造物にのみ適用できるものがあります。動的なルールセットは、そうした条件のルールセットを作成するために使用します。動的なルールセットでは、1つのルールをその他のルールが実行されるベキかどうかの条件として使用できます。こうした条件ルールは通常、建造物のタイプやプロジェクトの段階などの、ちょっとした情報を確認します。条件ルールの下にあるルールは、条件が満たされれば評価されます。 このようにして、一部の分岐のみを確認するルールセットを作成できます。

 

Ruleset Managerで動的なルールセットを作成するには、ルールまたはルールセットを他のルールの下にドラッグします。ドラッグした先のルールが条件ルールになります。ルールにネストされた他のルールまたはルールセットがある場合、サブルールを実行する条件を設定できます。

 
 

 

RSM_InfoView

 

 
情報ビューで使用できる条件は次のとおりです。
 
 

  • 合格した場合、すべてのモデルコンポーネントを確認する

選択されている場合、このルールが合格すると、すべてのモデルコンポーネントを確認する
 

  • 案件がある場合、すべてのモデルを確認する

選択されている場合、このルールによって少なくとも1つの案件が作成されると、すべてのモデルコンポーネントを確認する
 

  • 失敗したコンポーネントのみ確認する

選択されている場合、このルールに案件を作成したコンポーネントが、サブルールで確認されます。
 

  • 合格したコンポーネントのみ確認する

選択されている場合、このルールで承認されたコンポーネントが、サブルールで確認されます。

 
 


先頭に戻る サポートに問い合わせ