確認ビュー

<< Click to Display Table of Contents >>

Navigation:  ビュー >

確認ビュー

Previous pageReturn to chapter overviewNext page

CheckingView_Icon 確認ビュー

確認ビューには、ルールセットを処理する機能が含まれています。ルールセットはルールの集まりです。ルールセットファイルの拡張子は.csetです。一度に複数のルールセットを開くことができます。

 

Checking_View

 


確認ビューには、4つのカラム(ルールセット、ツール、レポート、ステータス)が含まれています。

CheckingView_Explained

 

1ファイル(ルールセット)の操作

2ルールセットの確認を開始する「確認」ボタン

3レポートを生成するダイアログを表示する「レポート」ボタン

4確認したルールの重要度とステータスを表示する「ステータス」カラム

5「ルールレポート」(ルールのレポートが表示される場合)

6「ルールツール」(ルールのツールが表示される場合)

7 ルールセットまたはルールのハイパーリンク

8 「ルールセット」カラム

 


 

「ルールセット」カラム

選択したルールセットは、ルールセットカラムにあります。選択したルールセットやルールの情報(ロックの状態付きの名前、説明)は、情報ビューに表示されます。

 

Ruleset_Column

 

モデルを更新したり移動したりすると、ルールの結果が有効でなくなることがあります。その場合は、非同期の結果に関する注記が表示され、ルールセットとルールの名前がグレー化します。以下のようにルールセットのロック状態も示されます。

 

NonSynchronizedResults

 

カテゴリ、サブカテゴリ、問題と案件にスライドを追加すると、カテゴリ、サブカテゴリ、問題と案件のそれぞれにスライドアイコン(Viewpoint_Icon)が追加されます。スライドは作成された関連するすべての結果で同じままです。
 
結果ビューで、選択された複数の結果でスライドを作成すると、メインカテゴリがハイライトされ、関連するカテゴリ、サブカテゴリ、問題と案件がライトブルーにハイライトされるため、それらのすべての関係が明確にわかります。下記のスナップショットを参照してください。

 
 

CheckResults_Marked_BlueAndLightBlue

 


Tools_View_Icon「ツール」カラム      

ルールにツールがある場合は、「ツール」カラムにツールアイコンが表示されます。そのアイコンをダブルクリックするとツールビューを表示できます。
 


Report_View_Icon「レポート」カラム  

ルールにレポートがある場合は、「レポート」カラムにアイコンが表示されます。そのアイコンをダブルクリックするとレポートビューを表示できます。

 


「ステータス」カラム  

「確認結果」は「ステータス」カラムに表示されます。シンボルと意味は以下のとおりです。

Ok_Icon ルールが合格しました

image495ルールが承認されました(または、案件に付加された最低1つのエンティティが承認されました)

image496ルールが不適格です

image497ルールが除外されました (または、案件に添付された最低1つのエンティティが除外されました)

image499ルールに重要度(高)の案件があります

image500ルールに重要度(中)の案件があります

image501ルールに重要度 (低) の案件があります

RuleIsBlocked 少なくとも1つの前提条件ルールが合格しなかったため、ルールがブロックされました

ルールセットの行の結果アイコンは、行のルール結果の組み合わせです。同じ重要度(重要度(高)、重要度(中)、または重要度(低))を持つすべての案件が判定(承認または除外)されている場合は、結果アイコンはグレー化します。

 


 

  ポップアップメニューコマンド

ルールセットのツリーを右クリックすると、ポップアップが表示されます。以下のスナップショットは、ポップアップメニューを示しています。
 

CheckingView_PopUpMenu

 
詳細については、「Checking View Pop-Up Menu Commands(確認ビューのポップアップメニューコマンド)」を参照してください。

 


 

ツールバーコマンド

CheckingViewToolbarCommand

 

1ファイル操作コマンド:ルールセットを追加、ルールセットを保存、ルールセットに名前を付けて保存、ルールセットを閉じる

2確認コマンド:確認する

3 レポートコマンド:レポートする

 

image38 ルールセットを追加  

 

「ルールセットを追加」ボタンは、「推奨ルールセットを追加」ダイアログを開いて、新しい ルールセット を追加します。ルールセットファイルの拡張子はcsetです。選択したルールセットは、ルールツリーテーブルで開きます。ルールセットはテーブルのルールセットをダブルクリックするか、ルールセットを選択して「OK」ボタンを押すことでルールセットツリーに追加できます。スーパーユーザは、「+ル-ルセットを追加......」 ボタンを押して、開いたファイル選択ダイアログを使用することで、条件設定で定義されていないルールセットも追加できます。

 

Add_Rulesets_Dialog

 

RemoveSelectedRuleset_Icon選択したルールセットを削除  
 

「選択したルールセットを削除」ボタンは、選択したルールセットを閉じます。このボタンは、ルートルールセットの1つがルールツリーテーブル内で選択された場合のみ有効になります。
 

CheckModel_Icon 確認する  
 

「確認する」ボタンは、確認プロセスを開始します。このプロセスは、ルールツリーテーブルのルールセット内のすべての有効なルールを確認し、それらを実行します。ルールの結果は、「ステータス」カラムで見ることができます。ルールに案件が存在する場合は、それらの案件を結果ビューで調べることができます。選択したルールの使用可能なレポートは、レポートビューにあります。

 

CancelChecking_Icon確認を取り消す  
 

「確認を取り消す」ボタンは、確認中に確認ボタンに置き換わって、確認プロセスのどの時点でも確認を取り消すことができます。確認済みのルールの結果は、取り消し後も利用できます。

 

image43 レポート  
 

「レポート」ボタンは、「レポートを作成」ダイアログを開きます。

 

CheckingView_Report

 

 

このダイアログでは、確認レポートのフォーマットと内容を指定できます。

「内容」エリアでは、レポートに含める結果の種類を指定できます。デフォルトでは、除外された案件のみレポートされます。「ルールレポート」オプションをオンにすると、様々なルールの表形式レポートがレポートに組み込まれます。
 
確認ビューレポートの詳細については、ここを参照してください。
 


 
フィルタ処理の結果

カラムヘッダで結果アイコンをクリックすることで、ツリー内に表示するルールをフィルタ処理できます。これらの種類の結果を含むルールが非表示のときは、アイコンの上に青い線が付きます。例を以下の画像で示します。

 

フィルタ処理なし:

 
image600

 


 

マイナーな案件がフィルタされました

 

image601

 

フィルタ処理によって、重要度の高い案件を持つルールにまず集中し、重要度の低い案件は無視できます。

 


先頭に戻る サポートに問い合わせ