モデル

<< Click to Display Table of Contents >>

Navigation:  基本 >

モデル

Previous pageReturn to chapter overviewNext page

モデル
 

IFC モデル

IFC (Industry Foundation Classes)は、International Alliance for Interoperability(IAI)を前身とするBuildingSMART(TM)Internationalによって作成されたオープンかつベンダー独立型のBIMモデル定義です。IFCモデルは、建造物の要素に高度な3D形状を含んでいますが、DXF(Autodesk Inc.によって指定されたデータ交換フォーマット)やVRML(Virtual Reality Modeling Language)のようなグラフィックス交換フォーマットではありません。主なフォーカスは、アプリケーション間(たとえば、CAD/数量の取得アプリケーションなど)の情報交換にあります。

IFCモデルには、次の要素が含まれています。

  • 建造物の要素(壁、ドア、窓、スペースなど)の一般に合意された定義
  • 要素間の関係
  • 基本的プロジェクト構造

SMC(Solibri Model Checker)は、IFC R1.5.1、IFC R2.0、IFC 2x、IFC2x2、IFC2x3およびIFC4のリリースをサポートします。IFC準拠のCAD(Computer Aided Design)プログラムからSMCにモデルを開き確認することができます。SMCのIFCR2.0およびIFC2xの実装は、BuildingSMARTによって認定されています。
 
 

CADモデル

すべてのCADプログラムに独自のネイティブBIMモデルフォーマットがあります。このフォーマットには、通常、IFCモデルと同じ情報とベンダー固有の情報が含まれています。これらのネイティブフォーマットは、通常、API(Application Programming Interface)からアクセスできます。

CADプログラムのAPIを使用すると、SMCで以下が可能になります。

              • 別のプログラムからBIMモデルにアクセスする
              • 中間の交換ファイル(たとえば、IFCファイル)なしで、BIMモデルを直接確認する

現在、SMCは、Graphisoft's ArchiCAD®ツールとの直接通信をサポートしています。

 
 
SMCモデル

SMCモデルは、SMCのネイティブフォーマットであり、以下を含みます。
 

·

建造物の形状

·

すべてのコンポーネントとそれらの関係

·

確認に使用するルールセット

·

確認の結果とユーザによる判定

·

ユーザ定義の情報(区画化など)。一定のルールによって使用される。

SMCモデルは、プロジェクト参加者間の通信用には推奨されません。レポートを使用してください。
 


先頭に戻る サポートに問い合わせ