3D...

<< Click to Display Table of Contents >>

Navigation:  レイアウト > ファイルレイアウト > 環境設定 >

3D...

Previous pageReturn to chapter overviewNext page

3D_Settings_Icon3D表示の設定

3Dビューのレンダリングオプション、フロントおよびバッククリップの距離オプション、3Dビュー背景色、パフォーマンス最適化のオプションを示します。

 

レンダリング
 
メインツールバーから、「ファイル」レイアウト>「環境設定」>「3D...」>「レンダリング」の順に選択して、以下のダイアログを表示します。
 

3DSettings_Rendering

 
 


 

ポリゴンモード: シェード加工済み/フラット/ワイヤーフレーム間で切り替えます。

光源モデル:点光源/平行光源を切り替えます。

光度:光の明るさを調節します。

背面除去:三角形の背面をレンダリングしたくない場合は、この機能をオンにします。

背面照明:三角形の背面を照明したい場合は、この機能をオンにします。

デフォルトの透明度:このスライダーを使用すると、コンポーネントの透明度を調節できます。透明度の値を設定して「OK」を押すと、透明化を行ったときにモデル内のすべてのコンポーネントでこの透明度が反映されます。コンポーネントを透明化するには3Dツールバーまたは3Dポップアップメニューで透明度オプションを選択します。

 
 


カメラ

メインツールバーから、「ファイル」レイアウト>「環境設定」>「3D...」>「カメラ」の順に選択して、以下のダイアログを表示します。

 
 

3DSettings_Camera

 
 

フロントクリップの距離:前に何も表示しないカメラからの距離

バッククリップの距離:後ろに何も表示しないカメラからの距離

目の高さ:これは、ウォークモードとゲームモードでの目の高さを指定します。この設定は「設定」からのみ変更できます。

画角:カメラが表示するビューの角度。角度が大きくなるほど多く表示されますが、歪んだ「魚眼」効果が生じます。
 

 


 

メインツールバーから、「ファイル」レイアウト>「環境設定」>「3D...」>「背景」 順に選択して、以下のダイアログを表示します。
 

背景
 

3DSettings_Background
 

このタブで3Dの背景色を調節できます。色の四角形(上側または下側)をクリックして色を選択します。これら2色の間に色が補間されて、フェージング効果が生じます。

 

 


メインツールバーから、「ファイル」レイアウト>「環境設定」>「3D...」>「情報」 の順に選択して、以下のダイアログを表示します。

情報
 

3DSettings_Info
 

このタブでは、3Dビューの「情報」ポップアップに表示される情報を管理できます。

3Dビューのポップアップを表示: このオプションを選択すると3Dビューの「情報」ポップアップを表示できます。

「情報」ポップアップ:「情報」ポップアップテーブルでは、ツールチップにどの情報を表示するかを設定できます。

 

AddRowButton ボタンを使用すると「情報」ポップアップテーブルに行を追加できます。
 

RemoveRowButton ボタンを使用すると「情報」ポップアップテーブルから行を削除できます。
 

UpArrow 上向き矢印を使用すると選択した行を上に移動できます。
 

DownArrow 下向き矢印を使用すると選択した行を下に移動できます。
 

フィルタ:このカラムはコンポーネントのグループを選択するフィルタを表示します。値を変更するにはセルをダブルクリックします。
 

プロパティ:このカラムには、フィルタによって選択されたコンポーネントのグループのプロパティが表示されます。値はセルをダブルクリックして変更できます。「プロパティの選択」ダイアログボックスが表示され、コンポーネントについて、ツールチップに表示されるプロパティを選択できます。

プレゼンテーションの時間(秒): 指定した時間、マウスポインタをコンポーネント上に置いたままにすると、「情報」ポップアップが表示されます。この時間はスライダを移動させると変更できます。

 
 


 
メインツールバーから、「ファイル」レイアウト>「環境設定」>「3D...」>「パフォーマンス」の順に選択して、以下のダイアログを表示します。

パフォーマンス
 

3DSettings_Performance
 

このタブでは、3Dエンジンのパフォーマンスを調節できます。

アンチエイリアス:ギザギザ線の除去に使用するサンプルの数を選択できます。サンプル数が増えるとよりスムーズになります。一部のビデオカードでは、サンプリングを使用できないので、「オフ」を選択する必要があります。

線のアンチエイリアス:線をスムーズにする場合は、このオプションをオンにします。

ナビゲーション中に表示するオブジェクト数:カメラの移動中に表示するオブジェクトの数。

静止時に表示するオブジェクト数:カメラの静止中に表示するオブジェクトの数。

使用するプロセッサの数:イメージのレンダリング中に使用するプロセッサの数を指定できます。

3Dメモリの最適化:このオプションをオンにすると3Dのメモリ消費量が下がります。

モデルとともに3D表示を保存: モデルの3D表示を保存して、モデルをすばやく開くことができます。
 
3Dコンテキストの保持:可能な場合、3D(OpenGL)のコンテキストが保持されます。

 

 


先頭に戻る サポートに問い合わせ