ファイルレイアウト

<< Click to Display Table of Contents >>

Navigation:  レイアウト >

ファイルレイアウト

Previous pageReturn to chapter overviewNext page

ファイルレイアウト

 
ファイルレイアウトは、一般的なファイル操作、条件設定、Solution Center、設定、ヘルプおよびRuleset Managerなどその他のよく使用されるツールを含む、固定の標準レイアウトです。

OpeningAnSMCOrIFCModel
 


 

「ファイル」ボタンは、「ファイル」レイアウトの左側の最上部にあります。

「履歴」 には、最後に開いたか保存したモデルのリストと、最後にモデルの読み込み元または保存先としたフォルダまたは場所のリストが含まれています。

「条件設定」では、ユーザ条件設定の選択と変更ができます。条件設定は、代表的なSolibri Model Checkerリソースセットであり、プロジェクトを開く際にプリロードできます。リソースには、組織における特定のタスクセットに必要なルールセット、分類、および情報取り出しの定義が含まれています。

Solution CenterにはSMCを含め、Solibri Solution Checker向けにダウンロードできるすべての製品と拡張機能が表示されます。

「環境設定」には、ユーザ指定の設定が一覧表示されます。

「ヘルプ」には、現在のソフトウェアとハードウェアに関する情報と、ヘルプドキュメント、ライセンス、およびその他の一般的なトピックへのリンクが含まれています。

「Ruleset Manager」では、Ruleset Managerに切り替えることができます。ただし、この機能はスーパーユーザしか利用できません。

「終了」を選択すると、現在開いているモデル(およびルールセット)が閉じ、ソフトウェアも終了します。確認結果に関連した未保存の作業や、Ruleset Managerのワークスペースビューに未保存のルールセット、未保存のモデル、未保存の分類、未保存の情報の取り出し、未保存の条件設定が存在する場合は、ダイアログが表示されます(説明については、ここを参照)。


ファイルの操作

 

モデルを開くl 既存のモデルファイルを開きます。

 

モデルを開くと、「モデルの分野とカテゴリを確認」ダイアログボックスが表示され、以下を実行できます。

 

Ensure Model Disciplines and Categories

 

「カテゴリを追加」ボタンを押すと、「カテゴリ」カラムのカテゴリリストにカテゴリを追加するダイアログボックスが開きます。

「カテゴリ」カラムでは、カテゴリがモデルに割り当てられていない場合、「カテゴリ」カラムから自動的に削除されます。

OpeningAPasswordProtectedModel
 

このダイアログでは、オープンパスワードまたはマスターパスワードのどちらかを選択できます。前者を選択すると、モデルを開いて操作できますが、マスターパスワードがないとモデルを保存できません。正しいパスワードを入力すると、「OK」ボタンが有効になります。

RequiresMasterPassword
 

「マスターパスワード」を選択し、パスワードを非表示文字として入力します。選択したタイプのパスワードを正しく入力すると、最後の文字の入力で「OK」ボタンが有効になります。「OK」を押すとモデルが開き、モデルの操作を開始できます。
 


 
モデルを追加...
 

このボタンは、既存モデルのサブモデルとして、1つまたは複数のIFCファイルまたはDWGファイルを追加します。詳細については、「モデルを追加...」を参照してください。

 


 

モデルを更新...
 

モデルを更新ダイアログを開きます。
 


 

モデルを保存
 

現在のモデルファイルを保存します。

 

 


 

モデルに名前を付けて保存...

現在のモデルを新しい名前で保存します。

 
セキュリティ設定...

ModifyingSecurity
 

マスターパスワードを入力すると、以下のセキュリティ設定ダイアログが開きます。
 
 

SecuritySettings
 

「セキュリティ設定」では、以下の操作でSolibri Model Checkerモデルの使用と配布を制限できます。

注意:オープンパスワードで開いたモデルは、マスターパスワードがないと保存できません。

 


 

閉じる

現在のモデルを閉じます。最後の変更後にモデルを保存していなければ、以下のダイアログボックスに示すように、モデルを保存するかどうか尋ねられます。「はい」ボタンをクリックすると、モデルを保存するための「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されます。
 

変更したファイルを保存

変更したファイルを保存ダイアログでは、モデルを閉じるときやアプリケーションを終了するときに、閉じようとする未保存のファイルがすべて表示されます。アプリケーションを終了する際には、分類、モデル、ルールセット(確認ビュー)、情報取り出しの定義、条件設定、SRE(Solibri Resource Extender)およびルールセット(Ruleset Manager)のファイルタイプが閉じます。モデルを閉じる際には、条件設定とルールセット(Ruleset Manager)以外のすべてのタイプが閉じます。保存するファイルを選択するには、ファイル名をクリックするか、ファイルの左側にあるチェックボックスをクリックします。デフォルトでは、すべてのファイルが選択されています。
 
「選択項目を保存」ボタンを押すと、選択したすべてのファイルが保存されます。ディスクに存在しないファイルがある場合は、名前を付けて保存ダイアログが表示されます。
「すべて閉じる」ボタンを押すと、すべてのファイルが保存されずに閉じます。「キャンセル」ボタンを押すと、モデルを閉じるコマンドが取り消されます。
 
SavedModifiedFiles


 

先頭に戻る サポートに問い合わせ